やっぱり女性は硬いのがお好き?勃起の持続」と「陰茎の硬さ」理想は男女共通

やっぱり女性はお硬いのがお好き?


「よりよい性生活を営むために必要な男性の機能は何か」

というアンケートに対して男性も女性も


「勃起の持続」と「陰茎の硬さ」を上位に挙げました。


この結果は、


性別に関わらず健全な性生活には陰茎の

硬さを保つことが第一と考えられていることを


浮き彫りにしています。なんらかの事情で硬さを

妨げる状況になったとき、頼りになるのはED治療薬です


http://allabout.co.jp/gm/gc/449056/ 引用


女性が「よりよい性生活のために求める男性の機能」で

「勃起の持続」と「陰茎の硬さ」が上位2項目を占めました。


勃起の持続には硬さが必要ですから、両者を合わせると、

陰茎の大きさや太さ、


長さなどよりも硬さが重視されていることがわかります。

東邦大学医学部泌尿器科学講座の調査(2007年)



その一方で、

わが国にはED(勃起不全)患者が1130万人以上いると


推計されています。しかし、EDは男性だけが抱える

問題ではありません。硬さを損ねるEDのせいで


満足な性生活ができないと、パートナーと

一緒に育む性的なQOL(生活の質)を低下させるからです。


勃起の持続と硬さの理想は男女共通 


よりよい性生活を営むためには

「勃起の持続と陰茎の硬さ」が大きな決め手に


よりよい性生活を営むためには

「勃起の持続と陰茎の硬さ」が大きな決め手に


この調査は性的な男性パートナーをもつ首都圏に住む

20歳以上の女性5665人を対象としており、


女性が望む性生活を知る手がかりとして定評があります。


その中で「男性パートナーに求める機能的側面」

(複数回答)を尋ねた質問では、


「勃起がより持続する」=48.5%


「陰茎がより硬くなる」=17.3%


「陰茎がより大きくなる」=10.3%


「陰茎がより早く勃つ」=9.1%


「陰茎がより太くなる」=7.6%


「陰茎がより長くなる」=7.3%

という順番でした。



硬さが関係する上位2回答を足すと65.8%となり、

過半数の女性が「硬さ」


に関心を寄せていることが分かります。


30歳以上59歳以下で軽~中等度のED患者1000人を


対象にした意識調査(2005年)で、

よりよい性生活における「陰茎の形状」

について尋ねた質問では、


「勃起がより持続する」=55.3%


「陰茎がより硬くなる」=23.0%


「陰茎がより大きくなる」=11.6%


「陰茎がより早く勃つ」=4.2%


「陰茎がより太くなる」=3.1%


「陰茎がより長くなる」=2.8%


と、ほぼ同様の結果が出ています。


期せずして似た回答となったことは、


望ましい性生活のあり方に対する男性と女性の


考えが共通であることを物語ります。


受診した上であれば安全性に問題はない


オオサカ堂スタッフブログ オオサカ堂は1997年創業、信頼と安心の老舗個人輸入代行です!

  • SEOブログパーツ

 

検索エンジンCKE

shop info

営業時間 24時間

インターネットくすり通販

送料無料

 

 姉妹店

 


2018年

5月

30日

女性の性欲、40代がピークってほんと? 女性の性欲がいちばん強くなるのは40代だと言われている。なぜ40代でピークになるのか。女性たちはそれを認識しているのだろうか。自分でも持て余すほどの性欲に襲われたとき、彼女たちはどうやってその性欲を解消しているのか。

そういえば……、思い当たる女性も多いのでは?

 

 

All About

https://allabout.co.jp/gm/gc/455172/

 

 

女性の性欲は40代がピークだと言われている。

そういえば、と思い当たる人も多いのではないだろうか。

 

私の周りにも、「40代で乱れ咲いたわ」「やたらと体がしたくてたまらなかった」と

当時を振り返る女性たちの多いこと。

それもこれも、どうやらホルモンのなせる業らしい。

 

一生の間に分泌される女性ホルモンは、ティースプーン1杯程度だという。

そんな微量な女性ホルモンに、女は支配されるのだ。

もちろん、女性も男性ホルモンをもっている。

 

30代後半から卵巣機能が衰えはじめ、

女性ホルモンが激減するのが40代半ば前後。

 

そうすると相対的に男性ホルモンが優位になり、

アグレッシブになるという説がある。

 

その結果、女性が男を捕獲するハンターへと変貌するのだ。

 

他にももちろん、人生経験を積んで

自分から男を口説くのが恥ずかしくなくなっているとか、

 

夫婦間のセックスレスによる我慢の限界だったとか、

さまざまな要因はあるだろう。

 

ただ、

ホルモンのなせる業で男を捕獲したくなる説で、

自分の行動が腑に落ちたと言う女性も少なくない。

 

20代のほうが「したい盛り」では?

男性の性欲のピークは、個人差もあるが10代後半から20歳前半だろう。

 

「女とみればしたくなる」

「ちょっとした刺激で、すぐに勃起してしまう」

男たちからそんな話をよく聞いたものだ。

 

女性だって若いほうが身も心も活性化しているのだから、

「したい」と思うのでは? そんな疑問も起こりそうだ。

 

だが、

昔から「30させどき、40はしどき」と言う。

30代は「させどき」で、40代になったら自らしたくなるという意味だろう。

これに関しては大きく頷く女性たちがたくさんいる。

 

「20代は興味本位でしたい気持ちが強かった。

毎日セックスできると思って結婚したものの、

 

現実の生活は大変。子育てに忙しくて、

 

30代はセックスから遠ざかっていた。

40代でようやく少し余裕が出てきて、

 

再度、夫婦の時間が増えてきた。

40代半ばで、急に性欲が激しくなり、

自分から夫を襲うようになったの(笑)。

 

最初は喜んでいた夫も、途中で音を上げた」(スミコ=仮名・以下同・50歳)

 

既婚女性だけではない。独身であっても

 

40代で性欲に翻弄される女性がいる。

「今になって恋人の他にセフレが2人います。

人生最大のモテ期。ずっと仕事ばかりしてきて、

 

まったくモテなかったのに……。40の声を聞いたとたん、

 

体がうずうずしてきて。自分の性欲をコントロールできなくなったんです。

 

もともと長くつきあっている恋人がいるんですが、

彼だけでは物足りない。とにかくセックスしたい、

 

激しい快感がほしい、と思って自分からスポーツジムでナンパしました」(ナオコ・46歳)

 

セフレのひとりはジムで知り合った25歳、信じられないくらい体力があって、

何度でも応じてくれるのだという。もうひとりは行きつけのバーで顔なじみだった30歳。

 

こちらもセックスが強い。

そして恋人は同年齢。恋人とは、まったりと愛情確認のセックスをするのだそう。

 

やはり20代とはまったく違う性欲に突き動かされているようだ。

 

次のページへ

https://allabout.co.jp/gm/gc/455172/2/

 

2018年

5月

23日

下半身が太る!今すぐやめたい5つの行動 脚が細い人とそうでない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?下半身痩せを専門で扱う筆者がカウンセリングする

脚が細い人とそうでない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?

 

下半身痩せを専門で扱う筆者が、年間200名以上をカウンセリングするなかで

見つけた傾向をご紹介します。

 

下半身がなかなか痩せないとお悩みの方は、

もしかするとあるNG行動をとっているかもしれません。

早速チェックしてみましょう!

 

 

今すぐやめたい!5つのNG行動

 

■椅子に座ると脚を組む

脚を組んでしまう方はすでに骨盤が歪んでいる可能性があります。

両足を床につけ、左右のお尻に均等に体重を乗せた姿勢を心がけましょう。

 

このまま脚を組み続けると下半身太りをさらに

悪化させてしまうので、今すぐ改善しましょう! 

 

・過去の参考記事

脚を組むとコワイ? 骨盤や脚の歪みを解消するには

 

 

■椅子に浅く腰掛け、背もたれは使わない

 

一見すると綺麗な姿勢ですが、実はこの座り方が下半身を太くする元凶なのです。

正しくは、椅子の背もたれに寄り掛かった状態で背筋を伸ばしてみましょう!

 

背中の緊張が緩んでいくのを実感できると思います。

 

とはいえ、

どんなに正しいとされる座り方でも、

長時間同じ格好でいたら筋肉は硬くなってしまいます。

 

1時間に1回は席を離れ、ストレッチを行うなど

カラダを小まめに動かす努力をしましょう!

 

・過去の参考記事

浅く腰掛けるのはNG?骨盤の歪みを抑える正しい座り方

 

 

■女の子座り(ぺたんこ座り)をしている

 

正座の形を崩したような女の子座り。

この座り方は左右で異なる捻じれ方をした状態で、

 

筋肉が固定されてしまいます。これが癖づいてしまうと、

解消するのも一苦労です。椅子に座る、

 

あぐらを組むなどして極力左右対称な座り方を心がけましょう!

 

■片足体重で立つ癖がある

 

電車の待ち時間や信号待ちで、無意識に片足体重で立っていませんか?

片足体重は外ももの張りの原因になります。

 

それ以外にもお尻のたるみや脚を捻挫しやすくなるなど

弊害が多くでるので、注意しましょう。

 

■つま先重心で立っている

 

 

これは日常的に高いヒールを履いている方に見られます。

ヒールを脱いで平地を歩くと後ろに倒れそうな感覚があり、

 

常につま先重心でないと立っていられないような状態です。

 

つま先重心というのは、

 

前ももの筋肉が緊張しやすく、

この状態を放っておくと太ももがガッシリしてくるので、

今すぐ解消しましょう!

 

解消するために以下のエクササイズに取り組んでみてください。

少しずつつま先重心が解消されていきます。

 

詳しくは」

https://allabout.co.jp/gm/gc/474150/

 

下半身痩せを達成する近道は……

これまで日常のなかでやりがちなNG行動を紹介しました。

 

下半身痩せというのは、

特別なエクササイズを行うよりも、

日常のちょっとした癖を解消していく方が近道だったりします。

 

「ちょっと変えたくらいじゃあ、効果はないよね」と思わず、

まずは実践してみてください。

少しずつカラダが変化していくのを感じられると思います。

 

All Aboutから引用

https://allabout.co.jp/gm/gc/474150/